人と研究

2017/04/10:重川 秀実教授 — プローブ顕微鏡が拓く極微の世界

教授 重川 秀実(しげかわ ひでみ) 所属 筑波大学数理物質系物理工学域 筑波大学大学院数理物質科学研究科電子・物理工学専攻 研究室HP こちらをクリック プローブ顕微鏡が拓く極微の世界 16世紀の終わりに顕微鏡が発明さ……  続きを読む

2016/11/11:関口 章教授 — 教科書を書き変えたジシリンという物質

教授 関口 章(せきぐち あきら) 所属 筑波大学数理物質系・化学域 筑波大学大学院数理物質科学研究科化学専攻 研究室HP こちらをクリック 教科書を書き変えたジシリンという物質 「現代はneo石器時代だ」と関口教授は言……  続きを読む

関口教授
2016/04/14:所 裕子准教授 — 熱を永続的に保持し、自由に取り出せるセラミック

准教授 所 裕子(ところ ひろこ) 所属 筑波大学数理物質系物質工学域 筑波大学大学院数理物質科学研究科物性・分子工学専攻 研究室HP こちらをクリック 熱を永続的に保持し、自由に取り出せるセラミック 物質科学には“相“……  続きを読む

2015/04/06:中井 直正教授 – 銀河誕生の謎を解く新プロジェクト

「宇宙には始まりがあり、最初は小さな点で、それが急激に膨張して宇宙の広がりを作った。広がる過程で多くの物質が作られ、それらはやがて集合し、星や銀河を作った」いわゆるビッグバン理論である。この説にはまだ解けていない大きな謎がある。“暗黒銀河“であり、“銀河はいつ生まれ、どのように育ったのか”である。2020年、中井直正教授を中心とした、この謎に迫る大型研究プロジェクトが始動するかもしれない。