筑波大学ホームページへ
数理物質科学研究科
概要 研究分野 教員一覧 入試案内 学位論文一覧 事務からのお知らせ

 

計算科学フロンティア
分子化学フロンティア
 

※画像をダブルクリックすると拡大表示されます。
 
物質物理フロンティアでは最先端のナノテクノロジーを駆使し、 新物質の創成とその応用に向けた研究を行っています。
 ここでは最先端ナノ加工技術を用いた人工的ナノ物質、量子ドット やCNT量子細線などのナノ物質の創出、分子線やSTM、超高速 フェムト秒分光などの最先端計測技術を用いた新しい物性の探究、 量子コンピュータ、CNTトランジスタ、フォトニックデバイスなど への応用研究が活発に行われています。
 当フロンティアの特徴は筑波地区に集まる産・官・学研究機関の 第一線で活躍する研究者が教官群を構成していることです。学生は この物質物理の最先端の研究現場のなかで修士・博士課程の研究に 取り組むことができます。
 
舛本 泰章 教授
池沢 道男 准教授
mailwww
mail
重川 秀実 教授
武内 修 講師
谷中 淳
助教
吉田 昭二
助教
mailwww
mail
  • 半導体の量子物理(光物性
  • 量子ドットや量子井戸の様な新規半導体ナノ構造の光学物性
  • フェムト・ピコ秒レーザー分光法、レーザー光散乱、非線形分光法、強磁場中分光法
  • 半導体ナノ構造の次元性、量子効果、スピン特性の研究
  • ナノスケールの電気・化学・光学的物性を計測するため の、新しい測定法・装置を開発する
  • 走査プローブ顕微鏡と最先端の量子光学を主な測定手段として用いる
  • 半導体、生体分子を含む有機材料、金属微粒子などで新たなナノ構造を構築
  • ナノ構造の物性を解明し、新奇機能材料・素子へと応用する
  • 野村 晋太郎 准教授
    mailwww
    佐々木 正洋 教授
    山田 洋一 助教
    mailwww
    mail
  • ナノメートル微細加工技術を用いた量子閉じ込め系(量 子ドットアレー,量子細線等)作製 技術の開発
  • 量子閉じ込め系中の多電子状態の強磁場中光応答
  • 顕微分光、近接場顕微鏡を用いたイメージング
  • 走査プローブ顕微鏡を用いた微視的表面物性の計測と制 御
  • 分子線技術を応用した結晶成長,表面物性の計測と制御
  • 岡田 朗 講師
    mailwww
    蔡 兆申 教授 (NEC) mailwww
  • 生物・化学物理学理論:分子集団から成る凝縮系(固 体,液体から生体系まで)における電子・原子ダイナミックスの理論:光応答,超高速緩和,化学反応,(酵素反応などの)生体反応,生体エネルギー共役等の 素過程

  • ジョセフソン効果の物理と応用
  •  単電子輸送現象
  •  固体素子における量子コヒーレント系の研究
  •  

     


    トップへ
    Copyright(C)2006 Frontier Science University of Tsukuba All Rights Reserved.