ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻は、平成24年度よりスタートする新しい専攻です。

ナノサイエンス分野

専攻教員
  • 大塩 寛紀
    Hiroki Oshio
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

金属多核錯体の化学。金属イオンの電子状態と分子構造に基づく特異な磁性・伝導性・光機能。

  • 齋藤 一弥
    Kazuya Saito
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

分子集合体の物性化学:メゾ構造の安定性とその起源、分子運動と電子・磁気物性の相関、結晶中の分子運動と構造相転移。

  • 都倉 康弘
    Yasuhiro Tokura
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体を中心としたナノ系での量子輸送理論、非平衡ダイナミクス理論。複合量子系のコヒーレンスと量子計算等への応用も目指す。

  • 鍋島 達弥
    Tatsuya Nabeshima
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

機能性有機化合物の合成・設計。外部因子応答性人工レセプター・イオノホアーの合成。有機―無機ハイブリッド超分子集合体・集積体の合成と機能。生体機能関連ホスト分子の合成。

  • 守友 浩
    Yutaka Moritomo
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

強相関物理学:物理学の視点からエネルギー環境素子(リチウムイオン電池材料、ナトリウムイオン電池材料、有機太陽電池、熱電変換材料)を開発する。材料開発から、量子ビームを駆使した材料評価・解析、デバイスの試作を行う。

  • 池沢 道男
    Michio Ikezawa
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体量子ドットや半導体中の希薄不純物のような低次元系で見られる量子効果やスピン特性をフェムト秒・ピコ秒レーザーを用いた超高速分光を始めるとする各種レーザー分光法を用いて明らかにする研究。

  • 岡田 晋
    Susumu Okada
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

計量物理の手法による物質科学の研究。特にフラーレン・ナノチューブを初めとするナノスケール物質の物質設計と物性解明。

  • 野村 晋太郎
    Shintaro Nomura
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

ナノメートル微細加工技術を用いた量子ドットアレー、量子ドット - 電子ガス結合系等の量子閉じ込め系の作製技術の研究、およびそれらの多体電子 - スピン状態、強磁場中光応答、走査光ナノプローブ顕微鏡を用いた空間分解測定に関する研究。

  • 山村 泰久
    Yasuhisa Yamamura
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

分子集合体・無機化合物における分子運動と相転移現象に関する研究。

  • 久保 敏弘
    Toshihiro Kubo
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体を中心としたナノ系での量子輸送理論、非平衡ダイナミクス理論。複合量子系のコヒーレンスと量子計算等への応用も目指す。

  • 小林 航
    Wataru Kobayashi
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

強相関電子系における新奇な物性の探索とその次世代デバイス応用の研究。放射光を用いた構造解析と磁化・熱輸送特性の精密計測から、スピンと軌道の自由度を利用した高効率熱電変換材料や室温強磁性体の研究を行う。

  • 冨本 慎一
    Shinichi Tomimoto
  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体光物性:半導体量子構造(量子井戸、量子ドット)のフェムト秒分光。特に、スピン関連現象の研究。

  • 志賀 拓也
    Takuya Shiga
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

特異な量子性を示す低次元磁性系の構築と集積型金属錯体の多重機能性の研究。

  • 菱田 真史
    Mafumi Hishida
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

両親媒性分子をはじめとするソフトマテリアルの自己組織化メカニズムに関する研究。

  • 山村 正樹
    Masaki Yamamura
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

フォトクロミック化合物、人工核酸、人工レセプターなどの機能性有機化合物の合成と機能評価。

  • Richards Gary James
    Richards Gary James
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

機能性有機化合物の合成・設計。外部因子応答性超分子集合体・集積体の合成と機能。

  • 中村 貴志
    Takashi Nakamura
  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

超分子システムの精密構築と機能開拓。有機配位子と金属イオンを利用した超分子金属錯体の研究。

PAGE TOP

連携大学院
  • 河合 孝純
    Takazumi Kawai

所属:NEC

  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

第一原理電子状態計算や分子動力学計算により原子スケールでの化学反応のダイナミクスや電子状態を解析する。物質・材料の形成過程や構造と物性との関係解明により新機能材料設計を目指す。

  • 蔡 兆申
    Jaw-Shen Tsai

所属:NEC

  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

固体物性物理学、低温物理実験、ジョセフソン効果の物理と応用、単電子輸送現象、固体素子における量子コヒーレント系、電子、光子、音子等状態を含む複合量子系の研究。量子コンピューティングなどへの応用をも目指す。

  • 山下 眞
    Makoto Yamashita

所属:NTT

  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

冷却原子気体の理論的研究。特に光格子にトラップされた冷却原子の量子相転移や非断熱ダイナミクスに関する数値解析。冷却原子の量子情報処理への応用に向けた基礎研究も行う。

  • 後藤 秀樹
    Hideki Gotoh

所属:NTT

  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

レーザと高空間分解分光法を用いた、半導体ナノ構造における光物性の解明。電子、励起子、スピン光学効果と量子デバイスおよび新機能デバイスへの応用。

  • 横尾 篤
    Atsushi Yokoo

所属:NTT

  • 物理学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

光の波長以下の人工構造(フォトニック結晶に代表されるフォトニックナノ構造)を作製して、物質の光学的性質を自由に制御することを目指しています。

  • 大内 秋比古
    Akihiko Ouchi

所属:独立行政法人産業技術総合研究所

  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

光・レーザーを利用した新規有機光化学反応の開発と反応制御。光化学反応を利用した環境調和型プロセス及び材料の開発。

  • 秋本 順二
    Junji Akimoto

所属:独立行政法人産業技術総合研究所

  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

リチウムイオン二次電池用の新規結晶材料の開拓とその製造技術の確立。

  • 甲村 長利
    Nagatoshi Koumura

所属:独立行政法人産業技術総合研究所

  • 化学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

光電交換に用いるπ電子系有機材料の開発およびそのデバイス応用に関する研究。

PAGE TOP

ナノテクノロジー分野

専攻教員
  • 大野 裕三
    Yuzo Ohno
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体量子ナノ構造の電子・光・スピン物性の解明,量子情報・低消費電力技術へ向けた半導体量子ナノ構造におけるスピンコヒーレンスの研究。

  • 黒田 眞司
    Shinji Kuroda
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

半導体材料およびナノ構造におけるスピンに関連した新機能の実験研究。特に磁性元素を含む半導体を対象に室温強磁性などの新機能を有する新材料を探索し、スピントロニクスへの応用を目指しています。

  • 佐野 伸行
    Nobuyuki Sano
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

ナノスケールの半導体素子構造における電子輸送現象のシミュレーションと理論解析、および素子特性予測のデバイスシミュレーションとモデリング。

  • 末益 崇
    Takashi Suemasu
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

環境にやさしい元素で構成される新しい電子材料の開拓と、太陽電池、スピントロニクス素子への応用。

  • 鈴木 博章
    Hiroaki Suzuki
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

医療、環境、食品等への応用を目指し、微小なチップ上に送液機構、センシング機構等を集積化した、微小化学分析システム(μTAS)あるいはLab-on-a-Chipに関する研究を行っています。

  • 中村 潤児
    Junji Nakamura
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

表面科学的手法を用いた触媒反応メカニズム(キネティクスとダイナミクス)の原子・分子レベルでの解明とその知見に基づく機能性触媒の設計。とくに燃料電池電極触媒材料、グラファイト上の金属ナノクラスター及び炭素材料の表面化学。

  • 山田 啓作
    Keisaku Yamada

メール

  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

熱力学のシリコン半導体プロセスと材料への応用。

  • 山部 紀久夫
    Kikuo Yamabe
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

ナノ構造制御。単結晶表面の原子ステップ/原始的平坦なテラス構造の制御とそれを利用したナノテクノロジーの研究開発。

  • 大毛利 健治
    Kenji Ohmori

メール

  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

シリコン系極微細デバイスのキャリア伝導現象およびプロセス技術に関する研究開発。

  • 梅田 享英
    Takahide Umeda
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

スピン共鳴分光技術を利用した、大規模集積回路やナノスケール半導体素子の高性能化(特に低消費電力性能)の研究。

  • 丸本 一弘
    Kazuhiro Marumoto
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

有機材料を用いた新しい有機デバイスの開発と特性評価・物性研究および高効率素子開発を行い、デバイス構造を用いた新しいミクロ特性評価・物性研究も進め、有機デバイスの動作原理の解明を目指します。

  • 近藤 剛弘
    Takahiro Kondo
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

表面基礎科学研究に基づく燃料電池電極の白金代替材料開発。グラファイトの化学物理。グラファイト表面上の金属ナノクラスターに関する原子レベルの表面物理化学研究。高圧反応器、STM、分子線散乱、角度分解脱離計測を用いた表面化学反応キネティックス及びダイナミクスの研究。

  • 蓮沼 隆
    Ryu Hasunuma
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

次世代集積回路に向けた絶縁膜形成技術や新規ナノスケール評価技術に関する基礎研究。

  • 植田 暁子
    Akiko Ueda
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

ナノスケールデバイスにおける量子輸送現象の理論的研究およびデバイスシミュレーションによる特性評価。

  • 金澤 研
    Ken Kanazawa
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

スピントロニクス素子の材料として期待される磁性半導体の研究をしています。室温強磁性をもつ半導体材料の実現を目指し、精密な条件制御下で試料を作製し、その物性を評価する実験を行っております。

  • 都甲 薫
    Kaoru Toko
  • 電子・物理工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

環境にやさしい元素で構成される新しい電子材料の開拓と、太陽電池、スピントロニクス素子への応用。

  • 横川 雅俊
    Masatoshi Yokokawa
  • 物性・分子工学専攻
  • ナノサイエンス・ナノテクノロジー専攻

医療、環境、食品等への応用を目指し、微小なチップ上に送液機構、センシング機構等を集積化した、微小化学分析システム(μTAS)あるいはLab-on-a-Chipに関する研究を行っています。